ニュースリリース サイトマップ







 TOP > 会社案内 > メディア紹介



 2006年10月22日

TBS系テレビ番組「夢の扉」に出演
宇都宮大学 雑草科学研究センター講師 倉持仁志先生
〜撮影に立会い〜
        

 「夢の扉http://www.tbs.co.jp/yumetobi/ は、毎週日曜日午後6時半から、TBS系で全国放映されている番組ですが、新しいことにチャレンジする人物に焦点を合わせ、今取り組んでいることと将来の夢、人物の人となりを紹介しています。ナレーションが宮沢りえさん(当時)ということもありますが、ジャンルも幅広く、大変興味深い内容の番組です。

 今回、クラピアの開発者である、宇都宮大学雑草科学研究センターの倉持仁志先生が出演されることになり、クラピアの原種が生育する日本最西端の島:与那国島の撮影に、私も同行をさせて頂きました。
クラピアは、与那国島に自生するイワダレソウに品種改良を加えた植物です。「耐寒性を高め(−10℃まで生育可能)、劣悪な環境にも対応でき、増殖力は芝の十倍以上、しかも種で増えないため他の環境に影響を及ぼさない」正に、夢のようなグランドカバー植物です。
TV撮影に立ち会ったのは初めてのことでしたが、時間制限のある中、天候にも左右され、撮影側はよい画像を撮るため必死でしたし、撮影される側も強い日差しを直接浴びながら苦労されていました。

番組は、平成18年10月22日に全国放映されましたが、その反響は大変大きく、環境を最優先する現在、全国各地で緑化/グランドカバーとして広く利用されています。



  日程




夕方、石垣島で、宇都宮大学の倉持先生と合流。





快晴









 朝、石垣空港で、東京から到着した撮影スタッフ(ディレクターとカメラマンの2名)と合流し、与那国島へ。石垣島が小雨模様だったので心配していたのですが、与那国島は快晴
 (
もし、雨が降っていたり曇っていたら、一部撮影を中止することも考えていたようです。

 昼食後、すぐに撮影開始。
 最初は、島の東部「東崎(あがりざき)」で、先生が与那国島を訪れた経緯やイワダレソウの原種の説明をしながら、撮影。(
太陽が出ているのはいいのですが、とにかく暑い。
 光の加減やイワダレソウの状態など、良い映像 を取るため、場所を決めるだけでも大変。
 撮影は、一箇所につき1時間以上。3テイク以上撮影し、その後、風景だけで更に1テイク以上。これを、何箇所かで繰り返します。撮影の3人はすでに汗だくの状態。


イワダレソウの原種を説明しながら撮影

 カメラマンは、重さ10s以上あるカメラを肩から担いで、暑さに耐えながら、ディレクターのOKが出るまで撮影を続けます。東崎には、木陰が全くありません。近くに公衆トイレがあるので、撮影の度に戻ってきては、何度も頭から水をかぶっていました。途中、カメラマンが軽い熱射病のためか、「頭がフラフラする」というので撮影を中断。体調が戻ると即座に撮影は続行されました。


倉持先生の指導により、雑草が取り除かれ、
野生の芝が一面に育っている「東崎」(あがりざき)


 その後、車で移動し、雑草が繁茂しているような場所を見つけては、何箇所かで撮影。3人共、シャツに白い塩が吹き出していました。
 与那国島で、今盛んに栽培・収穫が行われている、長命草の畑でも撮影。
長命草(ボタンボウフウ)は、抗酸化力が高く、ミネラル分が多く含有されていることから、健康食品の原料として、注目されています。


長命草の畑

 島を回り、西崎(いりざき)にある、日本最西端の碑などの、観光スポットや海岸線も撮影。
 6時間以上に及ぶ撮影を終えて、日没のころ民宿に帰りました。

 シャワーを浴びて一息ついてから、いつもお世話になっている地元の杉本さんの自宅に、倉持先生とお付合いのある島の人たち10人以上が集まり、夕食を開始。島でしか摂れない珍しい食材が並び、食事をしながら更に撮影が続く。島の人達に倉持先生の人となりをインタビューし、三線を引いて皆が歌っている姿なども撮影。終わったのは12時を過ぎていました。





快晴

 今日も快晴。カメラマンたちは、既に日の出の撮影に出かけたそうで、朝食のときには、一仕事を終えていました。彼らはいつでも飛行機に乗れるよう荷物を整理して、撮影に出発。 
 昨日撮影をした、東崎を再び訪れ、今回は、軽トラックの荷台に、倉持先生とカメラマンが乗り込み、海岸の道路などを走りながら撮影。ディレクターの指示にスピードなどを合わせ、軽トラックは私が運転しました。
 テレビドラマ『Dr.コトー診療所』の撮影現場付近に、自生のイワダレソウがあったので、これを撮影。
 撮影を開始してまもなく、太陽が雲に隠れてしまったため、30分以上太陽待ち。その後、何度か雲のため撮影を中断。映像を取るだけで、2時間以上もかかってしまいました。
 飛行機が離陸する30分前まで撮影は続き、ギリギリでチェックイン。撮影スタッフは東京に帰っていきました。


Dr.コトー撮影現場のイワダレソウ


 撮影は丁度丸1日(24時間)行われました。放映までの時間があまりないため、撮影漏れのないよう必死でしたし、それに付き合っていた倉持先生も大変でした。TVでは、普通実際の放映時間の10倍ほどを撮影して編集するそうですが、これだけの撮影で実際に使われたのは、わずか数分でした。
後でわかったことですが、この撮影の後に訪れた「鳥取大学乾燥地研究センター」で行われているクラピアの試験植栽の結果が大変良かったため、こちらに時間を割いたのだそうです。
これだけの撮影コストをかけて、殆どが使えないというのは、大変もったいないと思うのですが、視聴者により判りやすく伝えるためにはやむを得ないのでしょう。
今回は、大変良い経験をさせて頂きました。



                                                (記:山田)

クラピア 施工例

クラピアを畑に植えたところ、
4ヶ月ほどで一面に広がり、
小さな花が5月〜10月まで咲いています
根が80cm以上地中に入るので、
傾斜地や法面にはとても効果的

クラピアの紹介はこちら


メディア紹介一覧へ戻る

 
・クラピア
・与那国島
・マクロケア
・マクロケアAI
・MCペット(犬・猫)
・AIペット(犬・猫)
・AIペット(うさぎ・小動物)
・PAペット(うさぎ・小動物)
・ニュースリリース
・プライバシーポリシー
・会社概要
・お問い合わせ(電話)
・お問い合わせフォーム
 
 
Copyright(c) 2014 株式会社ロハス All Rights Reserved.