ニュースリリース サイトマップ















 TOP > エムシーペット > ペットフードと天然食品




  最近、海外、特にヨーロッパではペットフードの
  安全性を疑問視する獣医師や研究者が出て
  きました。「使用されるたんぱく質の由来が
  不明で、遺伝子組み換えの穀類が過剰に含ま
  れている」とし、中には、「ペットは、人間と同様に、
  ジャンクフードの犠牲者だ」とまで訴える人も
  あります。

  日本でも昔は人間と食事を分け合っていましたが、
  飼い主の手間が省けることなどから、今ではペット
  フードが殆どです。最近はより細分化され、ペットの
  年齢・種類に合わせ細かく栄養素が吟味されて
  います。
  しかしペットフードは、熱処理などをされた
  「加工食品」です。ビタミン類や微量元素は少なく、
  野菜類もあまり含まれていません。勿論、生きた
  酵素類は全く入っていません。また、防腐剤、
  着色料や着香料などの添加物も使用されています。
  いくら「肉食動物」だといっても、動物性の脂肪やたんぱく質の過食が良い
  訳ではありません。
  その昔、彼らが野生動物だった頃は、獲物の内臓から植物酵素を取り入れて
  いたといわれています。

  「エムシーペット」に含まれる、青パパイヤの持つ植物酵素ともろみ酢の
  有機酸を取り入れることは、ペット本来の食性に近づくこととなります。

  
全てのペットの健康増進にお役立て下さい。



・クラピア
・与那国島
・マクロケア
・マクロケアAI
・MCペット(犬・猫)
・AIペット(犬・猫)
・AIペット(うさぎ・小動物)
・PAペット(うさぎ・小動物)
・ニュースリリース
・プライバシーポリシー
・会社概要
・お問い合わせ(電話)
・お問い合わせフォーム
 
Copyright(c) 2014 株式会社ロハス All Rights Reserved.