ニュースリリース サイトマップ















 TOP > エムシーペット > ペットのための発酵食品




  世界の長寿村には、昔から発酵食品があって、その種類も豊富だといわれて
  います。日本人も味噌・しょうゆや梅干などの発酵食品を日常的に口にして
  きました。人間に良いものがペットに悪いはずはありません。
  動物病院で実施したエムシーペットのモニター試験によれば、ペットの方が
  人間よりも早く反応します。



    メモ
 世界の長寿村には、昔から発酵食品があってその種類も豊富だと言われていますが、その多くは、太古に偶然発見されたといわれています。
発酵を行っている微生物を肉眼で見る
ことは出来ませんし、ましてや、それが人類や動物の健康に役立っていることは、自然から授かった貴重な恩恵といえるでしょう。
 日本人も、
味噌・しょうゆ・納豆や漬物など、日常的に発酵食品を口にしてきました。しかし、最近では食事の欧米化や工場生産される加工食品の普及などにより、食べる機会が少なくなったと言われています。その反面、発酵食品が健康維持に貢献していると、再び見直されてきています。
 発酵食品の特徴は、微生物(
酵母、乳酸菌など)を用いて、食品原料の持っている成分を分解・合成することで、その保存性を高めるとともに、人間にとって有用なものに変化させ、体に吸収しやすくさせることです。しかし、発酵条件のコントロールは難しく、かなりのコツと経験が必要となります。


・クラピア
・与那国島
・マクロケア
・マクロケアAI
・MCペット(犬・猫)
・AIペット(犬・猫)
・AIペット(うさぎ・小動物)
・PAペット(うさぎ・小動物)
・ニュースリリース
・プライバシーポリシー
・会社概要
・お問い合わせ(電話)
・お問い合わせフォーム
 
Copyright(c) 2014 株式会社ロハス All Rights Reserved.